イベントのお知らせ

インドネシアの影絵遊びをしよう - インドネシア・カルチャー・ディ2017

インドネシア・カルチャー・ディ2017は、大阪よりガムランユニット「HANA☆JOSS」を迎えて、11月5日(日)に博多区祇園町のぽんプラザホールで開催します。昼は親子を対象に、Wayang kulit影絵教室、夕方からは日本語によるWayang kulit上演を予定しています。※Wayang kulit(ワヤン・クリ)=水牛の皮で作った人形による影絵芝居(インドネシアの伝統芸能、ユネスコ無形文化遺産)

※収益金はインドネシアの貧しい子供たちへの奨学金や学校等の施設整備の資金として使われます。

「HANA☆JOSS」※今回の公演と内容は異なります。
「HANA☆JOSS」※今回の公演と内容は異なります。

■開催日時:

2017年11月5日(日)

(1)昼の部 14:30~16:00 

(2)夜の部 18:00~19:30 


■会場:ぽんプラザホール

福岡県福岡市博多区祇園町8番3号 

※キャナルシティ博多横


■定員:(1)(2)各80名
 

※全入れ替え制 

※昼・夜、両方ともお申込みができます。


■参加費

(1)昼の部 家族2名まで2,000円
家族が1名増えるごとにプラス500円

※1名での参加は小学生以上ひとり2,000円  

(2)夜の部 小学生以上ひとり1,000円


【内容(予定)】

(1)昼の部 14:30~16:00 ※開場は14:00

親子向け Wayang kulit 影絵教室 
Wayang kulitってなに? 人形を動かしてみる スクリーンに投影してみる

デモンストレーションも少し行います。
※ロビーにてインドネシア雑貨販売、インドネシア衣装の試着&撮影会

(2)夜の部 18:00~19:30 ※開場は17:30

18:00~ インドネシア留学生によるパフォーマンス

18:30~ 日本語によるWayang kulit上演

※ロビーにてインドネシア雑貨販売、インドネシア衣装の試着&撮影会

 

■主催:在日インドネシア留学生協会福岡支部、NPO法人トゥマンハティふくおか、九州・インドネシア友好協会  ■協賛:駐日インドネシア大使館 ■助成:西南学院大学女子同窓会

【重要】10月31日 ご入金確認ルール変更のお知らせ

これまでメールフォーム入力後、ご入金いただいてからのお申込確定とさせていただいておりましたが、公演日が近づいてきたこと、また3~5日が連休で、お振り込み確認や連絡のやり取りが困難になることなどから、本日より当日会場でのお支払いに変更させていただきます。参加者の人数把握のため、これから申し込まれる方も、引き続きグーグルフォームへのご入力をお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe5BxyFyD3xXelQN9FHQJ_dqSjD3orOmXJVFEy4MsdIKijg-g/viewform

※席は自由席となっていますのでお早めにお越しください。
※お席はまだ昼・夜共に空きがございますので、お近くの方に再度お声掛けいただければ助かります。

NPO法人トゥマンハティふくおか
代表理事 弥栄睦子
miechika01@gmail.com 
09027186754

活動報告

KFAWで「多様性の国・インドネシア講演会」

講師:ヘルピン・ドゥイジャヤンティ
講師:ヘルピン・ドゥイジャヤンティ

公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム-KFAW-にて「多様性の国・インドネシア」というテーマで、インドネシアの社会や女性の役割、活躍についてお話させていただきました。

左:石橋ヘルミンダワティ(副代表理事)
左:石橋ヘルミンダワティ(副代表理事)

<感想>
海外旅行が好きで数十国へ行きましたが、単なる観光だけでした。今日は、社会、生活環境を直接お聴きできて大変勉強になり有意義な時間でした。世界で一番多いイスラム教徒の方からイスラム教の教えも学びになりました。(70代女性)

アンクルンチーム再結成!


8月19日、第1回目アンクルンの練習終了!とても楽しかったです。10月22日の本番に向けて随時メンバー募集中です。ぜひ参加してください。

インドネシアの竹楽器・アンクルンを一緒に演奏しませんか!

10月22日の地球市民どんたく2017ステージ出演に向けて、日本人と在福インドネシア人を中心としたアンクルン(インドネシアの伝統的な竹楽器)チームを結成し、練習しています。
月2回土曜日。随時、参加OKです。どなたでもお気軽にお越しください。
<本番>
10月22日(日)13:00~13:30(少雨決行)
地球市民どんたく2017(場所:中央公園)できるマーケット内ステージ
<演奏曲>
上を向いて歩こう・ブンガワンソロ・ふるさと
<今後の練習スケジュール>
9月2日(土)15:00〜17:00
9月16日(土)15:00〜17:00
10月8日(日)15:00〜17:00
10月21日(土)13:00〜16:00
<練習場所>
「あいくる」7階 音楽室 〒810-0021 福岡県 福岡市中央区今泉1丁目19-22 天神CLASS 
http://www.jidoukaikan-aikuru.or.jp/floor_7f.php

<お問い合わせ>
→参加ご希望・お問い合わせはこちら

博多どんたく港まつりでパレードに参加

5月4日、インドネシア・福岡友好どんたく隊 総勢75名! 
インドネシア人・日本人一緒に楽しく「博多どんたく港まつり」のパレードに参加しました。

「ムスリムおもてなしのための勉強会」を開催

4月22日、あすみんにて、高木ひとみさん・アリスさん(インドネシア人)ご夫妻を講師に招き「ムスリムおもてなしのための勉強会」を開催しました。7月からインドネシアに赴く国際交流基金・日本語パートナーズのメンバー5名も参加。イスラム教の教えや戒律のことなど、日頃から抱いている疑問も溶けて、とても内容の濃い勉強会でした。ひとみさん、アリスさん有難うございました。

参加者からは「とても興味深い内容で勉強になりました」「和やかな雰囲気だったのでとても質問しやすく、ムスリムに対する印象がずいぶん変わりました。箱崎のモスクにも行ってみようと思います」などの感想をいただきました。継続してこのような企画を作っていきたいと思います。


インドネシア・カルチャー・ディ2016 報告

10月10日(月・祝)、インドネシア・カルチャー・ディ2016をアクロス福岡2階セミナー室2で開催しました。テーマは「バティックの魅力」。ジョグジャカルタ特別州バティック博物館よりマリア・カルメリアさんを迎えて本格的なバティックのワークショップを行いました。

バティックとは、インドネシアに古くから伝わるロウケツ染めのことです。2009年10月2日にユネスコの無形文化遺産に認定。10月2日をバティックの日として国民は毎年、思い思いの「バティック」の衣装に身を包んでこの日を祝っています。

午前中はAndo Bandがインドネシアの伝統音楽ダンドゥットで参加者を出迎え、その後、ジョグジャカルタ近郊にバティック工房を持つ塚本幸子さん、続いてインドネシアをモチーフに友禅染の着物を制作したインドネシアKIMONOプロジェクトの音成玲子さんのトークセッションがありました。

午後はマリアさんの指導でバティックのろうけつ染めにチャレンジ。チャンティンという道具で布にロウを伏せていくのですが、やってみると難しく、細くきれいな線を描くには、非常に熟練した技術が必要であることがわかりました。マリアさんからは天然染料(草木染)と化学染料の違い、地域による特徴、柄の意味などを教えていただきました。今回はインドネシア留学生たちのおもてなしムードが素晴らしく、参加者と留学生たちの間で楽しく交流が進み、とても有意義な一日でした。

イベントの収益金13万円がインドネシアの子供の奨学金となりました。皆様、ご協力ありがとうございました。

バティック博物館の職員マリア・カルメリアさんによるバティックのプレゼンテーション
バティック博物館の職員マリア・カルメリアさんによるバティックのプレゼンテーション
久留米インドネシアKIMONOプロジェクト
久留米インドネシアKIMONOプロジェクト
バティックのワークショップでは留学生たちが参加者をサポート
バティックのワークショップでは留学生たちが参加者をサポート

Facebook 最新情報はこちらをチェック!